事業計画

令和元年度事業計画

豊見城市体育協会基本方針

1.基本方針

 平成32年度を目標年度とする第4次豊見城市総合計画では、7つの政策と23の施策が定められており、第3部第1章第2節で「スポーツ・レクレーションの振興」が掲げられております。目標指標としてスポーツ教室等の開設数が13教室、各種スポーツ大会開催数が23大会となっており、各種スポーツ関連団体が様々な事業に取り組まれています。
豊見城市体育協会は、各競技団体等と連携し競技スポーツのより一層の競技力向上及び指導者の養成、資質の向上に努め、沖縄県民体育大会等で活躍する優秀な選手の育成・強化を図っていきます。
 また、市民の健康・体力づくりを推進し、スポーツ・レクリエーションの普及と振興を図り、本市の体育、スポーツ文化の発展及び青少年の健全育成に寄与していきます。
指定管理にあたっては、これまで単独で行ってきた市内スポーツ施設(瀬長島野球場、与根体育施設)の指定管理の期間終了等に伴い、市内団体(体育協会・観光協会・緑化振興会)と共同企業体を構成し、新たに瀬長島野球場の指定管理を受託した。運営管理については、公共性の高い施設の提供に努めるとともに効率的な施設運営を図ることにより経費縮減、市民へのサービス提供向上に努め、スポーツの向上とあわせて本会の組織強化を図っていきます。

 

2.重点目標

本年度の重点目標を次のように掲げる。
(1)沖縄県民体育大会男女総合成績6位以内、女子総合成績3位以内、沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会上位入賞、躍進賞獲得を目指す。
(2)各競技団体等の組織強化及び躍進賞獲得を目指す。
(3)本会の組織強化に努める。

3 主な具体的取

  1. 各専門部と連携し、参加者増に取り組み、各種競技大会を引き続き実施する。
  2. 各競技団体及び指導者の育成・強化を図り、協会等の運営・設立を支援する。
  3. 各競技団体等の開催する競技大会の支援を図る。
  4. 共同企業体による指定管理業務受託により瀬長島野球場の管理運営を行う。
  5. ホームページのリニューアルを行い、SNS等も利用した広報サービスに努める
  6. 自主事業として競技力向上教室を開催し、市民の健康・体力づくり、各種大会へ参加する競技者の競技力向上に努める。
  7. 行政からの派遣職員を受け入れ、行政との緊密な連携の構築と組織の強化及びスポーツ振興事業の円滑な推進等を図る。
  8. 自主財源確保に努める。